掲載日:2021年03月12日

【3月15日開催】グローバル人材育成ワークショップ 「国際的な気候変動レジーム: それは問題を解決するのか?」

  1. 学内限定
  2. 申込要
日程 2021年03月14日
エリア オンライン
場所 Zoomでの開催
対象者 学生 / 学部生 / 学院生 / 教員 / ポスドク
主催 グローバルFD部門
タグ

東京大学駒場のグローバルFD部門の主催で、The Fridtjof Nansen Institute(ノルウェー)Steiner Andresen教授
を講師とするワークショップが、来る3月15日(月)に開催されます。
The Fridtjof Nansen Instituteは、北極海探査で有名なフリチョフ・ナンセンの名を冠する‎国際環境・エネルギー・
資源管理の政治・法律に関する研究を行う財団(The Fridtjof Nansen Foundation)の研究機関。‎
国際的な気候変動問題を取り上げ、講演します。ご関心のある方は詳細をご確認の上、ご参加ください。

講演名:「国際的な気候変動レジーム: それは問題を解決するのか?」
日 時:
3月15日(月)18:00~19:30(日本時間)
場 所: Zoomでの開催   https://forms.gle/zaS2S3F3yXqaLB8w5でご登録下さい。
(ワークショップ前日に、ご登録者へリンクをお送りします)

プログラム:
18:00-18:05 イントロダクション
18:05-18:50 プレゼンテーション
18:50-19:00 休憩
19:00-19:30 質疑応答

内 容:
1.外交官たちは国際的な気候変動問題に対処するため、3年も精力的に交渉してきたが、二酸化炭素などの排出量は増え続けている。
パリ協定は実効性の向上に貢献するのか?
2:このプロセスにおける主要なアクター、国家と非国家アクターの役割と影響力はどのようなものであったのか、そして今後の展望は?
3:このトピックとアプローチは、学生が地球環境ガバナンスによって実現できることの可能性と限界を理解するための鍵となる。

対 象:東京大学の教職員・学生など
言 語:英語と日本語(英語→日本語への同時通訳を予定)
参加費:無料

お問い合わせ先: 東京大学Global Faculty Development Program事務局
メール:global.fd@adm.c.u-tokyo.ac.jp

The Global Faculty Development (GFD) Program would like to invite you to our workshop which will be held on Monday, March 15th.
Guest speaker will be Prof. Steinar Andresen, The Fridtjof Nansen Institute, Norway. He will lecture on international climate change issues.

*The Fridtjof Nansen Institute – FNI is an independent foundation engaged in research on international environmental, energy and resource management politics and law.
FNI is the research arm of The Fridtjof Nansen Foundation which is named after Frichov Nansen, famous for his Arctic ocean exploration,

Details about the workshop are listed below:

Title: The international climate regime: will it solve the problem?
Date: Monday, March 15th from 6:00-7:30pm (JST)
Place: Zoom Meeting style
Registration: Encouraged with the link below
https://forms.gle/zaS2S3F3yXqaLB8w5
(Link will be sent to all registered participants the day before the workshop)

Program: 18:00-18:05: Introduction
18:05-18:50: Presentation
18:50-19:00: Break
19:00-19:30: Q&A

Contents:We will cover the following:
・Diplomats have negotiated intensely for 30 years to deal with this
problem, but emissions have continued to rise. Will the Paris Agreement contribute to increase effectiveness?
・What has been the role and influence of key actors in the process, states and non-state actors alike and what is the prospect for the future?
・This topic and approach is key for students to understand the possibilities and limitations of what can be achieved through global environmental governance.

Eligibility: All faculty, staff, and students welcome!
Language: English and Japanese
* Simultaneous translation (English to Japanese) will be available.
Admission: Free

Inquiries: GFD committee
e-mail: global.fd@adm.c.u-tokyo.ac.jp