蒋 妍特任研究員back

京都大学大学院教育学研究科修士課程修了.同大学博士課程研究指導認定退学.
博士(教育学、京都大学), 2016年1月より現職.

研究テーマ

学生の学びと成長,授業実践,ピア・インストラクション,日本と中国におけるFDの取り組み

業績もしくは主要論文/著書

(査読あり)
Yan JIANG and Shinichi MIZOKAMI (2015) How Peer Instruction Affects Students’ Approach to Learning: Focusing on Students’ Out-of-class Learning Time, Educational Technology Research38(1),1-9

蒋妍 (2010) 授業外学習を促す授業実践の研究. 大学教育学会誌, 32 (1), 134-140

Yan JIANG, Jie LIN (2011) Faculty Development in Japan -A Case of Kyoto University,北京大学教育評論,9(3),29-44,(中国語)

(査読なし)
蒋妍・松下佳代(2015)北京師範大学における授業デザインワークショップ, 京都大学高等教育叢書, 34, 311-315

蒋妍(2014)大規模講義で行うアクティブラーニング―ピア・インストラクション―,看護教育,55(5),398-404

松下佳代・大山牧子・畑野快・蒋妍(2014)ハーバード・MIT訪問調査報告, 京都大学高等教育叢書, 33, 366-375

蒋妍(2013) 中国の大学におけるFDセンターの訪問調査報告 ―北京と香港を中心に―, 京都大学高等教育叢書,32,364-372

蒋妍・溝上慎一(2013)翻訳「 ピア・インストラクションを使って授業を反転するための入門ガイド」(ハーバード大学Eric Mazur教授のPeer Instructionという授業方法の日本語マニュアル)
http://blog.peerinstruction.net/translated-quick-start-guides-to-flipping-your-class-with-peer-instruction/
など