プロジェクト概要 ―「朝日講座」がめざすもの

各年度の講義

朝日講座HP図三色JPG

 

*詳細は講座ホームページをご覧ください

 

 

 

 

 

2016年度講義「守るべきもの、変えるべきもの」

●第1回 9月30日 赤川 学(人文社会系研究科 社会学)
「人口減少社会を生きる」【チラシ表】2016

●第2回 10月14日 藤本 隆宏(経済学研究科 ものづくり経営研究センター)
「現場から見る日本産業の過去・現在・未来」

●第3回 10月21日 中内 啓光(医科学研究所 幹細胞治療研究センター、スタンフォード大学医学部
幹細胞生物学・再生医療研究所)
「iPS細胞技術が可能にする新しい医療」

●第4回 10月28日 川島 博之(農学生命科学研究科 農学国際専攻)
「21世紀における世界の食料生産:食糧危機をあおってはいけない」

●第5回 11月11日 西村 幸夫(工学系研究科 都市計画)
「都市における守るべきものと変えるべきもの」

●第6回 11月18日 【拡大回】
高野 誠鮮(立正大学客員教授、新潟経営大学客員教授、妙法寺住職、
総務省大臣嘱託 地域力創造アドバイザー)
「可能性の無視は最大の悪策」

小林 真理(人文社会系研究科 文化資源学)
「地域の文化環境と地方自治体の役割:守るべきものと変えるべきもの」

●第7回 11月25日 牧原 成征(人文社会系研究科 日本史学)
「歴史の遺したものを見つめる」

●第8回 12月2日 國吉 康夫(情報理工学系研究科 知能システム情報学)
「ロボットは心を持つか」

●第9回 12月9日 西村 義樹(人文社会系研究科 認知言語学)
「”文法”に意味はあるのか?」

●第10回 12月16日 【拡大回】
西村 陽一(朝日新聞社常務取締役編集担当、ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式
会社代表取締役)
「新聞の過去・現在・未来」

丹羽 美之(情報学環 社会学・メディア研究)
「アーカイブが変えるテレビの未来」
●第11回 1月6日 頼住 光子(人文社会系研究科 倫理学)
「日本思想における”不易”と”流行”」

 

2015年度講義「媒介/メディアのつくる世界」

●第1回 9月14日 渡辺 裕(文学部 美学藝術学・文化資源学)2015
「”作品”とは?”演奏”とは?:”デジタル・リマスター”の時代の音とメディア」

●第2回 9月21日 熊谷 晋一郎(先端科学技術研究センター 当事者研究)
「メディアとしての身体が顕在化するとき:痛みと自閉スペクトラム症を例に」

●第3回 9月28日 野崎 歓(文学部 仏語仏文学)
「メディアの相互作用:文学と映画をめぐって」

●第4回 10月5日 松井 彰彦(経済学部 貨幣経済学)
「媒介者としての貨幣・言語・慣習:経済学からのメッセージ」

●第5回 10月12日 鈴木 淳(文学部 日本史学)
「戸長というメディア:文明開化の伝え方」

●第6回 10月19日 岡ノ谷 一夫(教養学部 生物心理学・神経行動学)
「コミュニケーションの進化と心の発生」

●第7回 10月26日 村本 由紀子(文学部 社会心理学)
「社会的感性の造形:“自己と他者”という問題をめぐって」

●第8回 11月2日 武藤 香織(医科学研究所 社会学・研究倫理)
「医学・生命科学研究とわたしたち」

●第9回 11月9日 高野 明彦(国立情報学研究所 連想情報学)
「知識の蔵のつなぎ方:情報の蓄積を発想力に換えられるか」

●第10回 11月16日 福井 健策(弁護士 著作権法)
「変容する、著作権と知の創造/流通/共有」

●第11回 11月23日 髙岸 輝(文学部 美術史学)
「生成されるランドスケープ:風景画と地理感覚・世界観の相剋」

●第12回 11月30日 佐藤 健二(文学部 社会学)
「Mobile-Phone時代と他者認識の変容:メディアとしてのことば」

●第13回 12月7日 上丸 洋一(朝日新聞 編集委員)
吉見 俊哉(情報学環 社会学・文化研究)
「新聞報道にとっての”歴史的事実”と公正性」【拡大回】

2014年度講義「共に生きるための知恵」

●第1回 10月6日  吉澤誠一郎(文学部 中国近代史)2014朝日講座B2
「共生の夢と困難さ」

●第2回 10月20日 白波瀬佐和子(文学部 社会学)
「格差社会における共生のあり方」

●第3回 10月27日 大村敦志(法学部 民法)
「近代日本が『民法』と出会うとき」

●第4回 11月10日 奈良一秀(新領域創成科学研究科 微生物生態学)
「自然界にあふれる生物間共生」

●第5回 11月17日  佐藤仁(東洋文化研究所 資源論)
「環境統治の時代―自然をめぐる国家と社会の共存」

●第6回 12月1日 [拡大回・宗教の共存、宗教との共生]
藤原聖子(文学部 宗教学)
「宗教をめぐる共生の現在―“異文化理解”的発想の陥穽」
大稔哲也(早稲田大学 中東社会史)
「エジプトを生きてきたムスリムとキリスト教徒」

●第7回 12月8日  佐藤宏之(文学部 考古学)
「“祖先の遺跡”は誰のものか?―文化財の保護と活用」

●第8回 12月15日 [拡大回・人の輪に入るロボット]
大武美保子(千葉大学 知能機械学)
「日常会話の場に加わって人の賢さを引き出す」
三宅なほみ(大学総合教育研究センター 学習科学)
「教室で話し合いながら学ぶ子どもたちの仲間になる」

●第9回 1月19日  上田俊英(朝日新聞社 編集委員)
「科学―その不確実さと、どうつきあうか」

●第10回 1月26日 小泉秀樹(工学部 まちづくり)
「多主体協働共生のまちづくり」

●第11回 2月2日  森肇志(法学部 国際法)
「国際社会における共生の法」

2013年度講義「境界線をめぐる旅―ヒト・家族・社会から領土・国家・宇宙まで」

【序論 なぜ境界線を問題にするのか】2013 朝日講座チラシ2

●第1回 10月7日 秋山聰(東京大学大学院人文社会系研究科

美術史学)

「聖なるモノと俗なるモノ ―西洋中近世における聖性付与の諸相」

木下直之(東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学)

「ゴミと宝物・本物とニセモノ」

 

【私と他者】

●第2回 10月21日      沼野充義(東京大学大学院人文社会系研究科 現代文芸論)

「文学と越境―<あいまい>な日本に境界はあるのか?」

●第3回 10月28日      清水哲郎(東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター 臨床死生学・倫理学)

「生と死/living と dying」

●第4回 11月11日(拡大回) 伏見憲明(作家)

「境界線の快楽」

赤川学(東京大学大学院人文社会系研究科 社会学)

「家族とは誰のことか-家族の境界をめぐって」

+木下直之(聞き手)

 

【国家】

●第5回 11月18日 陳天璽(早稲田大学 人類学)

「国家のはざまに生きる―日本の無国籍者」

●第6回 11月25日       宮代栄一(朝日新聞社 編集委員)

「文化財の居場所~国境を越えた美術品」

●第7回 12月2日        小島毅(東京大学大学院人文社会系研究科 中国思想文化学)

「島は誰のものか?~中国伝統思想における「海」~」

 

【生物】

●第8回 12月9日        大西康夫(農学生命科学研究科 応用微生物学)

「人類に役立つ微生物たち――いろいろな境界線から微生物を語る――」

●第9回 12月16日      諏訪元(東京大学総合研究博物館 人類学)

「ヒトのはじまり(仮題)」

●第10回 1月20日      鬼頭秀一(東京大学大学院新領域創成科学研究科 環境倫理学) 「まもるべき自然とは何か、駆除されるべき生物とは何か――その「境界線」からさぐる環境倫理」

 

【地球】

●第11回 1月27日       城山英明(東京大学政策ビジョン研究センター、大学院法学政治学研究科 行政学・国際行政論) )

「空間の区分と管理-海洋と宇宙の場合」

●第12回 2月3日        須藤靖(東京大学大学院理学系研究科 宇宙論・太陽系外惑星)

「宇宙の境界、地球の境界」

 

2012年度講義「知と幸福 ― 研究の現場から考える「しあわせ」概念」

朝日講座2012

●第1回 10月1日 玄田有史 (社会科学研究所 労働経済学)

「幸福と希望の曖昧な世界」

加藤陽子 (人文社会系研究科 日本史学)

「対談でつなぐ、去年と今年、あるいは、大災害と幸福の距離」

●第2回 10月15日 菅野覚明 (人文社会系研究科 倫理学)

「極楽浄土はどこにある?」

●第3回 10月22日 長谷部恭男 (法学政治学研究科 憲法学)

「憲法学における幸福」

●第4回 10月29日 唐沢かおり (人文社会系研究科 社会心理学)

「心の仕組みと感情の機能」

●第5回 11月5日  塚谷裕一 (理学系研究科 植物学)

「植物の幸福。」

●第6回 11月12日 林良博 (東京農業大学農学部バイオセラピー学科 動物学)

「動物たちの「しあわせ」と人間中心主義の狭間で」

●第7回 11月19日 武田晴人 (経済学研究科 経済史)

「経済学のふしあわせな生い立ち」

●第8回 11月26日 大月敏雄 (工学系研究科 建築学)

「幸せに住むということはどういうことか?」

●第9回 12月3日   トム・ガリー (総合文化研究科 辞書学/言語教育)

「幸福の言葉、幸福な言葉、幸福という言葉」

●第10回 12月10日 柴田元幸 (人文社会系研究科 アメリカ文学)

「幸福とアメリカ文学」

●第11回 1月7日     笠井清登 (医学系研究科 精神医学)

「精神医学とは何か:「脳と精神と生活の医学」による

個人の精神的幸福、そして社会の豊かさへの貢献」

●第12回 1月21日  大野博人 (朝日新聞 論説主幹)

「なぜ「人の不幸」を伝えるのか」

●第13回 1月28日  原研哉 (武蔵野美術大学基礎デザイン学科 デザイナー)

「HOUSE VISION   産業の未来を可視化する」

2011年度講義「震災後、魂と風景の再生へ」

朝日講座2011

1回 107日 加藤陽子(人文社会系研究科(日本史学)教授)

「天災と国防 寺田寅彦との対話」

2回 1014日 阿部公彦(人文社会系研究科(イギリス文学)准教授)

「詩はなぜ死を語るのか」

3回 1021日 鈴木淳(人文社会系研究科(日本史学)准教授)

「災害と歴史学」

4回 1028日 一ノ瀬正樹(人文社会系研究科(哲学)教授)

「死者とは誰なのか――震災犠牲者を想いながら」

5回 114日 マイク・モラスキー(一橋大学大学院社会科学研究科教授)

「居酒屋と喫茶店に見られる昭和ノスタルジー ――<第三の場>から再生を考える」

6回 1111日 目黒公郎(生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター長)

「東日本大震災を踏まえた首都圏の地震防災対策のあり方」

7回 1118日 濱田純一(東京大学総長)

「リスクと自由――「表現」することの効用と限界」

8回 1125日 松本三和夫(人文社会系研究科(社会学)教授)

「「構造災」を越えて―国策の失敗軌道をどう転換するか―」

9回 122日 児玉龍彦(先端科学技術センターシステム生物医学教授)

「原発事故と除染の科学」

10回 129日 浅見泰司(空間情報科学研究センター・センター長)

「大震災・復興計画と空間情報」

11回 1216日 若宮啓文(朝日新聞社主筆)

「新聞にできるのは何か―3.11が問うたもの」

12回 113日 神里達博(工学系研究科原子力国際専攻特任准教授)

「BSEと放射能をめぐる「食」の問題-科学と政治のはざまで」

13回 120日 田原(詩人、H氏賞受賞)

「震災と詩歌」

14回 127日 纐纈一起(地震研究所教授)

「東日本大震災と科学の限界」

15回 23日 佐伯一麦(作家、三島由紀夫賞、野間文芸賞受賞)

「震災と言葉」